占いを鑑定する人

電話占いを鑑定する人を何と言うでしょうか。

私達にとって最も馴染み深い言い方は「占い師」でしょう。

ですがこの占い師以外にも他にも様々な言い方があります。

例えば「占い鑑定師」、それに「卜者(ぼくしゃ)」、「易者(えきしゃ)」等といった呼び方もあります。

この中でも「易者」等は皆さんもよくご存知かと思います。

またこれ以外にも占い師を指す呼び名があります。

場合によっては「手相家」、「気学家」、「人相家」等とも呼ばれることもあります。

その場合はそれぞれの占い方法から取って、そうした名前で呼ばれるようです。

また占い師から占いをしてもらう客からは、占い師を「先生」と呼ぶことが多くなっています。

さてこの電話占いですが、その正体は一体何でしょうか。

電話占いの関係者の中には「占いは統計によるものである」と説明する人もいるようです。

とはいえ、電話占いはその独自の理論、及び個人の経験によって構成されています。

従ってここで挙げたような統計や統計学、及び科学としての研究からは由来してはおらず、従ってここで挙げた統計や科学等とは、電話占いは全く異なるものである、と言えます。

確かに数ある電話占いの種類の中で、電話占いチャンネルにかかれているように例えば占星術と呼ばれるものは、古代においては天文学と関連したものでした。

ですがその後天文学は自然科学として発展したため、現在ではこの両者の間は全く関係が無くなっています。

また同じく電話占いに類するものとして風水が有名ですが、この風水においても同様で、風水に地理の別名があるように、嘗て地理は社会科学の地理と、地理による吉凶を占う地相術が渾然となったものでした。

電話占いと私達

現在の私達がテレビや雑誌、新聞、及びインターネット等で電話占いを目にしない日はないと言ってもいいのではないでしょうか。

皆さんの中には毎日占いを見ていないと心が落ちつかない、はたまた電話占いで悪い結果が出ると心が不安になってしまう、と言う人もいるかもしれません。

最近は電話占いと言っても実に色々な種類の占いがあります。

例えば手相や人相占い等がそうですし、私達には星座占いや血液型占いのほうがより身近な存在かもしれません。

また夢占いや動物占いといったものもあります。

その他最近はいろいろ奇抜な電話占いも見られます。

寧ろ私達にあるもので占いにならないものはない、とまで言っていいかもしれません。

ここではこれほどまでに私達に密接な存在となった電話占いについて紹介します。

これをご覧になって皆さんには電話占いに対する理解を深めていただければ、と思います。

これを見た後で、皆さんの占いに対する見方も変わるかもしれません。

「うらない」は一般に「占い」と書きますが、「卜い」と言う書き方もあります。

ここでは「電話占い」の表記に統一して進めていきます。

電話占いとは様々な方法を用いることによって、例えば人の心の内や運勢、それにその人の未来の動静等、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法を言います。

また「占い」と言う言い方以外にも「卜占(ぼくせん)」や「占卜(せんぼく)」等といった言い方もあります。